技術・管理の職業仕事

技術・管理の職業仕事1

ボイラー設計技術者

ボイラー設計技術者とは?
様々な場所で使われるボイラーを取り扱う業務に従事するものである。技師としてはボイラー技師2級の資格でほとんどのボイラーが扱えるが、統計技術者としては、さらなる設計実務経験がいる。
ボイラー設計技術者になるには?
機械工学系の高校・専門学校や大学・大学院の理工学部卒。
ボイラー設計技術者の業態など。
メーカーや企業での常用雇用が一般的。志望者増加傾向でボイラー技師は人気資格。

水力タービン設計技術者

水力タービン設計技術者とは?
水流など流体のエネルギーをいくつもの羽根で受けて回転運動に変え、動力を得る発電機、タービンの設計業務。設計業務にはCADやパソコンを使用する。
水力タービン設計技術者になるには?
高等専門学校卒、大学卒、大学院卒。
水力タービン設計技術者の業態など
重工業関連企業などで常用雇用が一般的。

建設機械製造技術者

建設機械製造技術者とは?
整地・運搬・積込・据削などに使う、ブルドーザーや油圧シャベル、ホイールローダーなど建設機械を設計する。
建設機械製造技術者になるには?
大学・大学院の理工学部卒など。
建設機械製造技術者の業態など
常用雇用が一般的。工業関連事業所や製作所が全国にある。

空気調節機械製造技術者

空気調節機械製造技術者とは?
空調機会を開発・製造する。建築設備用とプラント設備用とに分けられる。住居空間へ新鮮で快適な空気を送るダクトなどが対象になる。後者は、火力発電所のボイラー・各種の高温・低温の機器や配管などが対象になる。
空気調節機械製造技術者になるには?
大学・大学院の理工学部卒。
空気調節機械製造技術者の業態など
常用雇用が一般的。全国にメーカーや関連企業がある。



技術・管理の職業仕事ページTOPに戻る